スーツ姿の二人
このエントリーをはてなブックマークに追加

次の職場へ行く前に

退職前にしておきたいこと

退職前にしておきたいこと


転職する際には、現在お世話になっている会社へ報告する必要があります。これは常識的に当たり前のことですが、とても大事なことです。
できるなら退職する旨を2ヶ月前には報告しておきましょう。最低限でも1ヶ月前には報告する必要があります。
それから、仕事を後任の人に引き継ぐ必要があります。現在行っている業務をそのままにしておくと、信頼されない人だと思われてしまいます。
現在の職場は辞めてしまうので、信頼される必要はないと思うかもしれませんが、それは浅はかな考えだといえます。
なぜなら、この先どんな場面でお世話になるか予測ができないからです。もしかすると、転職先の企業と繋がりがある可能性もあります。
もし、そのようなことが伝わってしまうと転職先で迷惑をかけることになります。しっかりとやるべきことをやれば、次の仕事もスムーズに始められます。
現在の職場でお世話になった取引先の方にも挨拶をしておくことが好ましいといえます。挨拶をしておけば、また何かしらお世話になるときにも嫌な印象を与えずにすみます。
どのような場面で人との繋がりが大事になるかは、わかりません。なるべくであれば、円満退職をすることが望ましいのです。

確認しておきたいこと


次の職場に出勤する前にしておいた方が好ましいとされていることがあります。
それは出勤に実際どれくらい時間がかかるか、確認しておくことです。初日から遅刻となれば、それだけで印象は最悪なものになるかもしれません。
もちろん、面接にいった時にも確認はしていると思いますが、朝の出勤ラッシュなどにつかまればどうなってしまうかは予測できません。
そういった点も確認しておく必要があります。そうすれば転職先でも何の問題もなく業務を始めることができ、素晴らしいスタートとなるはずです。
絶対にしなければならないことではありませんが、しておくに越したことはありません。

確認しておきたいこと

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com